スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続き。

前回お知らせしましたが、『追跡!AtoZ なぜ繰り返される ペットの悲劇』を観ました。

去年8月の『クローズアップ現代』の放送内容(その時のブログ)同様
無理な繁殖をさせて仔犬を産ませる”パピーミル”と呼ばれる悪質な業者の話だとか
熊本県の動物愛護センターの”目標=殺処分ゼロへの取り組み”の話に加えて、
今回は、動物愛護先進国ドイツのレポートなども紹介されました。

そして番組の中で一番ショックだったのは
ネット上の里親探しに裏にある隠された悲劇の話でした。

インターネットが普及し、ネット上での里親募集→譲渡が当たり前になっている今、
ごく一部の心ない人間がそれを悪用し、新しい里親になるフリをしてペットを譲り受けておいて、
実は動物虐待をしているという話。

そんな現状があっただなんで、知りませんでした。

要するに、虐待をする為に動物をネットで入手しているのです。

信じられない・・・。


里親に出した人は「里親が見つかって本当に良かった!」と安心したに違いない。
            「これからもっともっと幸せに生きるんだよ!」と願って送り出したに違いない。
何より可哀相なのは、何も分からないまま送り出された達自身の事。
新しい里親と出会い、不安になりながらも、きっと
「これからはこの人の元で生きていくんだ!」と思ったに違いないのに・・・。

この際ハッキリ言います。

「同じような目に会って死んでしまえ、そんな奴!」



ネットで読んだか、知り合いの人に聞いたか記憶が定かではないのですが、
「ペットが飼いたい。タダでくれる人がいたら是非譲って欲しい!」と言う人がいるらしいのですが、
そういうのは、実は問題アリって事が多いそうです。

前述のパピーミルのように、
母犬の健康状態も無視して繁殖させる、ただの金儲け主義の悪質ブリーダーも問題ですけど、
じゃあ金銭が絡まなきゃいいのか?っていうとそうでもないんですね。

難しい。

極端に言えば、「○○円払うから、どうかそのコを譲って下さい」ぐらいの方がいいって事だし、
そういう点につけこんで甘い汁吸ってるのが、悪徳ブリーダーなワケだし・・・。


実は里親探しの件については、
ワタシも一度このブログで友達が保護したワンコの里親募集をした事があります。
(このコは無事、今はその友達の知人の元へと行きました
けれど今回の放送を観て、
今後もし、人に頼まれてだとか何らかの形で里親探しをする事があっても
里親に出す際は、いわゆる自分の目が届く範囲にすべきだと思いました。

皆さんもどうか考えてみて下さい。

ではまた。
さいなら~

【訂正】
再放送は月曜日の深夜(正確には火曜午前2時過ぎ)と前回書きましたが、
違う内容が放送されるようです。
申し訳ありません・・・



 
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

他のページへ

レッツらGo~♪
プロフィール

ミクロ嫁

Author:ミクロ嫁
身長183cmの(元メタボ)夫と
オスに間違われる大型犬
『ムク』(バーニーズマウンテンドッグ・♀)と
メスに間違われる体重2kgの小型犬『ジオン』(トイプー・♂)
そして150cm以下のワタシ

そんなデコデコボコボコ構成で
半笑いに楽しく暮らす
「チラシの裏に書いとけよ!」的
何の役にも立たないblog

記事&コメント
2010年01月11日の記事
 
カレンダー&アーカイブ
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カテゴリ
リンク
クックパッド
Honda Dog BeastProtectionArea
メールお待ちしてます♪

名前:
メルアド:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。