スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットを飼うという事は・・・

今夜のNHK『クローズアップ現代』は観てて辛かった

8月5日(水)放送
ペットは泣いている
~激安競争の裏側で~

右肩上がりの成長を続けてきたペット産業。そこに今、価格破壊の波が押し寄せている。
不況の影響で消費が冷え込む一方、インターネットを通じてペットを販売する業者の
新規参入が相次ぐなど、販売業者は増え続けている。
このため、価格競争がエスカレートし、そのしわ寄せはペットを直撃している。
コストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、
年に何回も子犬を産ませる"パピーミル(子犬工場)"と呼ばれる悪質な業者も登場。
一方で、飼い主の中にも、安易な理由でペットを手放してしまう人たちがあとを絶たず、
毎年、10万頭あまりの犬が行政によって処分されている。
人間の都合に翻弄されるペットをどのように守っていけばよいのかについて考える

                                               (公式HPより)

前半は
業者が経営難に陥り、病気になっても病院にも連れて行って貰えずそのままにされ
全身ボロボロになってしまった犬達の映像。
帝王切開も業者がその場でチャチャッとやって、仔犬を取り上げられるだけ取り上げて、
その後その母犬が死んじゃっても「あぁ、死んじゃったか」で済ませる現実。
「まさに仔犬を産む機械でしたよ」・・・と話す業者の元社員。
あまりにも酷い状態でまともに画面を観る事が出来ませんでした。

そして後半は
殺処分数が10分の1に減ったという熊本市動物愛護センターの取り組み。
ペットを手放そうとする飼い主さん達になんとか思いとどまるよう熱心に説得したり
持ち込んだペットを殺処分する所を飼い主に実際に立ち合わせた事もあるらしい。
そして、譲渡会の積極的な実施。 成犬もどんどん譲渡されていました。
譲渡前には、あえて犬や猫がセンターに持ち込まれ、殺処分されるまでのビデオを観てもらう。

胸が締め付けられ、そして考えさせられる内容でした。

そういえばワタシも5月のトイプーmeetingのあと、胸クソ悪い 事があったのを思い出しました
以下、時折暴言を吐きますが、ワタシの心中お察しください・・・

LaLaパパさんと、もなかちゃんのパパ&ママと3次会(笑)に出かけた先での話。
ジオンとLaLaちゃんと、もなかちゃん、たまたま3ワンズ共ちっちゃめトイプー。
そこに言っちゃ悪いがアホっぽいちょっとギャル系のオンナが近づいてきて
「このワンコはティーカッププードルですか?」と1匹を指差しワタシ達に聞いてきたのだ。
「いいえ。トイプーです」 と答えると
「え?じゃこの子はティーカッププードル?」とまた別の方を指差し聞き返してくるのだ。
「いいえ、トイプードルです」 とワタシ達。
すると「何ヶ月ですかぁ?」とジオンを指差すので
「1歳です」と答えました。

すると「えぇ~、どうしよう・・・」とアホオンナ。     
全員「」な顔で黙っていたら
「こないだぁ、『ティーカッププードルです』って
言われて買ったんですけどぉ~、なんかぁ、大きいんですよぉ~」


ワタシ達のうち、誰が一番最初に口を開いたか定かではないが、
「ティーカッププードルっていうのは正式な名称じゃないんですよ」
「まぁね、トイプードルだって小柄なスタンプーを交配させて小型化しただけだから
 トイプーからスタンプーが産まれる事もありますしね~」
「だから両親がティーカップだからって子供がティーカップとは限りませんしね」
「そうなったらそうなったで飼うけどね~(笑)」
・・・などど脅し文句にも近い言葉をおくってやりました。

何が私達の逆鱗に触れたかって、「えぇ~、どうしよう・・・」 って言葉よ、アータ
「どうしよう」って何なのサ
ティーカップじゃなかったらどうするつもりなのよ?!
・・・っていうかもう飼ってんジャン!!
どうするもこうするもない。
アンタの使命は『死ぬまで愛情と責任を持って飼う』それだけじゃ、ボケ!!

しかも、そのオンナはまだワクチン接種も完了してない飼い始めたばかりの幼犬を
公共の芝生で遊ばせていたという始末の悪さえっ
指摘しても「えぇ~っ、そうなんですかぁ~?」なんてノンキなお返事。

あ゛~書いてるだけでムカムカするかおまる

ペットは決してアンタのアクセサリーじゃない・!!

ペットを飼うという事は命を預かるという事なのだと、ごく当たり前に思っていたのに
実際にこんなアホを目の前にして正直ショックでした・・・


あ、ここを覗きに来て下さってる皆さんはそんな考えを持ってないのはわかってますからねふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
だって、ワタシのワンコ友達ってみんなとても良い意味で・・・ワンコバカですもんねクフフ

ではまた思い出しても腹が立つ面白い話がありましたら。
さいなら~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シンイチと一緒にその番組見てました~v-363
切なすぎて、涙ボロボロ…v-406
つくづく人間の傲慢さを再確認してしまったよ…v-40
そして自分にできること、我が子に対して今以上に愛情を注ごうと思ったのでした。
(…輪をかけて親バカになりますv-220

それにしても、ギャル系オンナ、とんでもないですわぁv-412
その現場に私がいたら、「”かわいい”とか”流行だから”とかだけじゃ、ペットとともに暮らすなんてのはできんのじゃぁv-217v-237」と、パンチ&とび蹴りかましちゃってますわよv-412

私も見ました!

太字の文私も見ました!

本当に悲惨な状態なんですね。
人間は欲深いものとは言いますが、そこまでしていたとは。。。
呆れてしまいました。

命の大切さを全く度外視したものです。

ネットオークションでは、高値では売れず、1円で売られているとか。。。


さまざまなビジネスチャンスをものにしようという意欲の影に
動物の命が犠牲になっているのです。

人間が浅ましく思えた番組でした。

これからも忘れやすい日本人のためにも引き続き調査して放映して
もらいたいものです。

そして、動物を飼うということは、家族が増えるということですから、
命がある限り、永遠に共に生きていかなければなりません。
そこには必ず「情」というものがお互いに芽生えるのではないで
しょうか~~~

本当に考えさせられる番組でした~~。


ところどころが退色しても我儘でもたいようは、私の「太陽」で~~す。


p.s.お身体を大切にしてくださいね。ムクちゃんとジオンくんが
  心配してくれていると思いま~す♪
  お元気なミクロ嫁さんに会えることを楽しみにしています。




ハウスみかんさんへ♪

ハウスみかんさん&シンちゃんも観たんですね~。
普段ならTV画面にv-286が出るとギャンギャン吠えまくりのジオンも
ジッーっと静かにTVを観てました。
ワンコ同士、表情で何か伝わって来るものがあったのかな??

例のアホギャル。
ハウスみかんさんの必殺パンチととび蹴りをかまして頂きたかったですv-217
その時のワタシらはただただ呆気に取られてましたからv-401
こういう話になると、いつもの奥様モードが崩壊しちゃいますわね、奥様。
おホホのホ~♪    ・・・って今更もう遅い?

人間ってなんて傲慢なんだろう

mamiさんへ(Re: 私も見ました!)

ハウスみかんさんだけじゃなく、mamiさんも観てたのですねv-237

この不況の時代にペット業界だけは不況知らず・・・とか言われてたので、
まさかあんな惨い事が起きていただなんて知りませんでした。
ペットブームという言葉がありますけど、ペットを飼う=命を育てるという事を
『ブーム』という一過性の流行ごとのように呼ばれる事自体に嫌悪感を感じずにはいられません。

>これからも忘れやすい日本人のためにも引き続き調査して放映してもらいたいものです

そう思います。
早速今回の番組はyoutubeにあったのを紹介してみる事にしました。

> p.s.お身体を大切にしてくださいね。ムクちゃんとジオンくんが心配してくれていると思いま~す♪
>   お元気なミクロ嫁さんに会えることを楽しみにしています。

あうぅぅぅ・・・優しい言葉ありがとうございますv-406
またmamiさん&太陽くんに会える日をワタシも楽しみにしてま~すv-238

パピーミル

日本のように愛護法があいまいなずさんな国だけでなく、動物愛護に厳しい海外にもいるのが驚きです。
どんなに厳しく取り締まっても、どんなに訴えてもそういう輩というのは根本的に「動物=物」なんでしょうね。

私は犬猫を処分するために持ち込む人間には、その子の最後に立ち合わせるべきだと思っています。
それは年齢を問わず。
大人だけが見ても仕方がない。
ガスで苦しんで苦しんで死んでいく子を、その子の家族であったはずの大人も子供も見るべき。
自分達が持ち込んだことで、一つの命が悲惨な最期を遂げるという現実をその目でしっかり見るべきです。
そこに「子供にそんな残虐な光景を見せるべきでない」なんていう「倫理観」なんか必要ありません。
「倫理観」て一体何?
その残虐な行為をしているのはその子達、又その子達の親なんじゃないのかな。
そう思います。

にしても。
そのギャル子のような人多いですね;;
まだ2ヶ月にも満たない子犬を連れ歩く人結構会いますよ。
会えば「ワクチンが完了しないうちに外を連れ歩いたら病気になっちゃいますよ」と言わせていただいてるのですが、そこで「そうなんですか?」と返答する人多いです。
これって、その人の無知もさることながら、その素人にそういう事をちゃんと教えなかったショップやブリーダーにも責任がありますね。
以前ペットショップに子犬を買いにきてる家族がいたのですが、店員は無責任に「この子可愛いですよ~、小さい子でも大丈夫ですv」なんてダックスを勧めていました。
が、毎度思うのですが、子供が大丈夫な動物なんて殆どいないと思うのですよね。
どんな大人しい子でも子供が無茶をすれば反撃します。
親が子供にそういう事をちゃんと教えて上げられる人ならいいですが、そうでなかったら事故の元。
そういうことをきちんとショップが教えるべきですね。

ちなみにそこのショップ。
子猫のオスメスを店員が判断できないという(笑)
同じ種の子猫が5率いたのですが、お客にどれがオスでどれがメス??と言われて、5人ほどいた店員が皆悩みまくってました。
結局居合わせた私が判別する事になったのですが……免許を持っているという店員皆わからないってどういうこと;;;

藤井克己先生へ(Re: パピーミル)

> 私は犬猫を処分するために持ち込む人間には、その子の最後に立ち合わせるべきだと思っています。
>(中略)そこに「子供にそんな残虐な光景を見せるべきでない」なんていう「倫理観」なんか必要ありません。

ワタシも全く同感です。 それで大事な事を学ぶと思います、大人も子供も。

> その素人にそういう事をちゃんと教えなかったショップやブリーダーにも責任がありますね。

確かにそうだと思います。
服を買わせるのと同じような言葉で動物を売るペットショップってありますよね?
買わせたら「ハイおしまいv-237」みたいな・・・。
あまりにもお手軽に買わせる(飼わせる)事が、
安易にペットを手放す要因にもなっているんでしょうね。
全く理解の出来ない事ですけど。

それにしても子猫のオスメスを店員が判断できないというショップって大丈夫なんですかねぇ?
ろくに知識を持ち合わせない人達が店頭に立っているのかと思うと怖ろしくもなります。

けどそれも現実なのですね・・・悲しいです。

他のページへ

レッツらGo~♪
プロフィール

ミクロ嫁

Author:ミクロ嫁
身長183cmの(元メタボ)夫と
オスに間違われる大型犬
『ムク』(バーニーズマウンテンドッグ・♀)と
メスに間違われる体重2kgの小型犬『ジオン』(トイプー・♂)
そして150cm以下のワタシ

そんなデコデコボコボコ構成で
半笑いに楽しく暮らす
「チラシの裏に書いとけよ!」的
何の役にも立たないblog

記事&コメント
最新の記事
 
カレンダー&アーカイブ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カテゴリ
リンク
クックパッド
Honda Dog BeastProtectionArea
メールお待ちしてます♪

名前:
メルアド:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。