スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の確率。

今日の昼に観た『ピンポン!』でWBC日本代表の一員である
横浜ベイスターズ村田修一選手のお子さんの事が取り上げられていた。

2006年の春、妊娠24週、712グラムという未熟児で産まれた愛息。
生まれてすぐ、抱っこも出来ぬままにNICU(新生児集中治療室)に入り、
その上、生後6日後に今度は腸に穴が空き、緊急手術。体内の血液を5回も入れ替える輸血。
医師にはすでに破水した時点で
「今生まれると9割は助からず、助かっても重い障害が残るでしょう」と宣告されていたらしい。

しかし半年後、障害もなく元気に退院できた。
今3歳になったその子は「む~ら~たぁぁ!」と野球中継を観ながら一生懸命パパを応援していた。

「よかったなぁ、本当に」とちょっとTV観ながら泣きそうになった。
そして同時に思った。
「結局、命の確率なんてそんなものなんだ」と。

9割助からないなんて一体何?
生きるかor死ぬかなんて事を、天気予報じゃあるまいし、
そりゃ過去の経験やデータから割り出した数字なんだろうけど、
そう簡単に言える事なんだろうか?
しかもだ。
ワタシから言わせて頂くと、データ上の確率なんて、計算方法一つでどーにでもなる。
真逆の結論に持って行く事だって出来る。(これでも一応高校時代は理系なの。アホですけど)

命の確率なんて、はっきり言わせてもらえば0%か100%でしかありえない。
ただ医師としては、今の状態を患者や家族に伝えないといけない立場でもある。
だから一番分かりやすく、一番曖昧な確率を使うしかないんだと思う。
医師だって、10か20か40か80か・・・何てホントのところ分からないんだからね~

今、そしてこれから先。
こんな馬鹿馬鹿しい数字のマジックに心を痛める事がもしあったとしても
それだけはしっかり心にとめておく事にします。


断言できるのは
今生きているワタシ達が200年後生きてる確率は0%って事。
今生きているワタシ達が200年後死んでる確率は100%って事。
それだけ。


村田選手は今新生児医療のシンポジウムに参加されたり、
今年には側面支援目的のNPO法人も立ち上げ予定らしいです。
今ある幸せに感謝して、自分に出来る形でレスポンスされてるんですね~
    WBCでワタシは村田選手を応援します!jumee☆supporter2Ljumee☆supporter2R 
    愛媛県人として岩村を応援しなきゃいけないのにゲンキンなワタシ


ミクロ嫁らしくない事書いてしまった。明日は大雪だわ、こりゃ。
ではまた面白い事がありましたら。
さいなら~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

他のページへ

レッツらGo~♪
プロフィール

ミクロ嫁

Author:ミクロ嫁
身長183cmの(元メタボ)夫と
オスに間違われる大型犬
『ムク』(バーニーズマウンテンドッグ・♀)と
メスに間違われる体重2kgの小型犬『ジオン』(トイプー・♂)
そして150cm以下のワタシ

そんなデコデコボコボコ構成で
半笑いに楽しく暮らす
「チラシの裏に書いとけよ!」的
何の役にも立たないblog

記事&コメント
最新の記事
 
カレンダー&アーカイブ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カテゴリ
リンク
クックパッド
Honda Dog BeastProtectionArea
メールお待ちしてます♪

名前:
メルアド:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。